レストラン & カフェ


くうてん 9F / ごはん・汁・地酒

ごはん家 椒房庵

炊き立てごはんと馴染みのおかず
プロが提案する日本の家庭料理


テーマは炊きたてご飯にも酒にも合うメニュー。福岡土産でも名高い特製の辛子明太子をはじめ、家庭でも馴染みのある一品料理や季節の旬菜を、ひと手間かけたプロの味でご提供します。厳選の酒や土鍋炊き(ランチは羽釜)のご飯とお楽しみください。

営業時間
ランチ 11:00-16:00    ラストオーダー 15:30  ディナー 17:00-23:00   ラストオーダー 22:00   ※一部変更になる場合がございます。詳しくは下記公式サイトをご覧ください。
電話番号
092-409-6611
取扱い商品
ごはん・汁・地酒
公式サイト
http://www.kayanoya.com/shop/gohanya-syoubouan/
ぐるなび掲載中
http://r.gnavi.co.jp/fa84608/
ご予算の目安
ランチ:1,480円~ ディナー:4,000円~
席数
54席 個室:1室(6名様)ディナーのみ要予約
禁煙
終日全席禁煙
予約
可(ディナーのみ)
キッズ対応
子ども用メニュー(ランチのみ)有

2017/01/06

【ごはん家椒房庵】1月7日は七草粥を・・・!!

こんにちは♪
寒さ厳しき折、いかがお過ごしでしょうか?
1月7日は、ランチをご注文のお客様に、皆さまの無病息災を願って“七草粥”をお付けします。

七草粥とは?
人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入ったお粥を食べる風習のこと。
春の七草を入れた、ほんのり塩味のお粥です。
春の七草は、芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、
菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)、この中で「すずな」は蕪(かぶ)、「すずしろ」は大根の事を指すそうです。

七草粥を食べる理由とは?
諸説ありますが、その年一年が、健康で平和に暮らせるようにと願いを込めて食べるそうです。
また、お正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為や、
野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うためです。

今年も皆さまにとって佳き年になりますように・・・

※写真は、イメージです。


【ぐるなびページ】
http://r.gnavi.co.jp/fa84608/

LINE@の友達を募集しております。
新しいご案内や商品情報を発信しますので是非ご覧くださいませ。
https://line.me/ti/p/%40uqg4460b